離婚の前にまずはお互いの気持ちを確認することが重要

離婚に向けての話し合いを始める前にまず始めに確認しておきたいのがお互いの気持ちです。

両者が離婚についてどう考えているのか?という部分で具体的に言えば離婚をしたいと思っているか、それともしたくないと思っているかです。

 

この部分についてお互いがどう思っているのかを確認し、意見が一致しているのか、それとも違っているのかによって離婚の手続きの進め方は大きく変わってきます。

 

例えばどちらかが浮気をしていてその流れで離婚という話が出た場合でも、お互いが離婚はしたくないと思っているのであれば浮気相手に対する慰謝料請求だけで子供のことやお金に関することについては考えなくてもよく夫婦関係を修復することだけを考えればいいのです。

離婚が難しいのはお互いに離婚をしたいと思っていてもそれですぐに成立とはならない点です。

 

なぜなら、もし子供がまだ未成年の場合は親権者を決めなければいけませんし、夫婦としての財産をどうするか、現在の住居をどうするかといったことを決めてからでなければいけません。

 

もちろん、お互いに離婚をしたいと思っていたほうが話し合いはスムーズに進むでしょう。

 

さらに複雑になるのが片方が離婚したいと思っていて、パートナーが離婚はしたくないということでお互いの気持ちがずれてしまっているようなケースです。

 

このようなケースでは通常どちらかが相手を説得するように試みるわけですが、夫婦間での話し合いでも決着がつかない場合には「調停」を申し立て、それでも合意に至らなければ「裁判」と進んでいきます。

 

裁判まで進むと相手側の気持ちに関係なく民法で定められている離婚原因が実際にあれば離婚は成立します。
もちろん裁判まで進むとそれなりの労力を要することになるでしょう。

 

ですので、まずは重要なポイントであるお互いが離婚に対してどう思っているのかを確認してから離婚に向けての話し合い、手続きを進ていくようにしましょう。

離婚をする前に考えておきたい4つのポイント

浮気などが原因となって頭の片隅にでも「離婚」の二文字が浮かんでくる・・・。

でも実際に離婚といっても何から始めてどのようにすればいいのかわからない。

 

このように思っている方は少なくないでしょう。

 

弁護士事務所などに相談をしに行く人の多くはまだ頭の中で整理しきれていない状態で相談しにいくことが多いそうです。

 

では、離婚をする前に考えておかなければいけないポイントとはどのようなものなのでしょうか?

 

大きく分けると以下の4つに分類することができます。

 

①お互いの気持ち

②子供

③お金

④離婚を考えるに至った原因

 

実際に離婚をするにあたって問題になってくるのは上記の4つだと言えます。

まずはこの4つの中から、離婚をするにあたって自分が何を一番重要だと考えているのか、もしくは何を解決しなければいけないのかというところを考えていくことが出発点となります。

 

これらのことについてあらかじめ考えていても離婚の話が進んでいくにつれてポイントが変わることもあります。

しかし、最初の段階でこの4つのポイントについて考えておくことは重要なのです。

 

そうすることで離婚に関する問題がハッキリとしてくるからです。

 

基本的には①から始まって④までを順番に考えていくのがいいでしょう。

当ブログでもこれらのポイントについて順番に解説していくのでまずは初期段階としてこのような4つのポイントがあるということだけ頭に入れておきましょう。