浮気相手から慰謝料を請求するために重要なこと

もしパートナーが不貞行為を行っていたけれど、子供や今後の生活のことを考えると離婚という選択肢は選べないという人も多いかと思います。

 

そんな時に浮気相手だけは許せないからどうしても慰謝料を請求したいと思うこともあるでしょう。

ではどうやって浮気相手に慰謝料を請求すればいいのでしょうか?

 

例えば、パートナーの携帯電話を見た時に明らかに不貞行為を行っているだろうメールが見つかった場合、おそらくそのまま問い詰めたとしてもその内容は冗談だといった具合に素直に浮気をしていることを認めないのが普通です。

 

このレベルの証拠だけを持って浮気相手に対して慰謝料を請求したところで反論されてしまえば意味がありません。

浮気相手に対して慰謝料を請求する際に重要なのは言い逃れできない決定的な証拠です。

 

さらにはその後の手順を間違えないためにも法律の専門家に相談しておきましょう。

 

これらの専門家と言えば探偵、弁護士といった方達です。

最近は弁護士と探偵が相互連携していることが多く、どちらかに相談に行けばその案件に強い弁護士や探偵を紹介してくれることが多くなっていて初回の相談料が無料というようなサービスもあったりします。

 

決定的な浮気の証拠を探偵を利用して手に入れ、弁護士に交渉をしてもらう。

これこそが浮気相手から慰謝料を請求する時に最も重要なポイントとなるでしょう。

 

慰謝料の金額に関しては相手側の収入なども関係してきますので一概には言えません。

この点も弁護士さんにお願いしておけば適切な慰謝料を受け取ることができるでしょう。

 

探偵や弁護士を雇うとなるとそれなりの費用が必要にはなりますが、きちんと慰謝料を取るつもりであれば全てを自分でするよりも専門家にお任せすることをオススメします。

浮気が発覚した後に復縁をするにはどのような方法があるのか?

パートナーが浮気をしてしまった場合、一般的には夫婦関係が破綻してしまい、そのまま離婚となるケースを想像する方が多いかもしれませんが、実際には全ての夫婦が離婚してしまうわけではなく紆余曲折がありながらも夫婦関係を修復して復縁となることもあります。

 

今後の自分の生活を考えたり、子供がいる場合にはその将来のことを考えて離婚はせず浮気相手に対して慰謝料を請求して関係を断ち切ることに悩まされている方も多いのです。

 

もし、浮気が発覚してもパートナーと別れるつもりはなく、復縁を考えているのなら浮気の事実に関してはパートナーを責めることはしないほうが得策だと言われています。

 

なぜなら浮気をしてしまった側からすれば確かに悪いことをしてしまったという自覚はあるのですが、あまりに強く責められてしまうと自分の立場や居場所がなくなってしまったと考える人が多いからです。

 

その結果、浮気相手の元に戻ってしまうというケースも考えられます。

浮気の事実に対する怒りや虚しさはなかなかすぐに収まるものではありませんが、もし復縁を考えているのならグッと堪えてパートナーが戻ってきやすい家庭環境を作ることが大事です。

 

具体的には浮気をしてしまったのが夫の場合には、子供がいるのであれば休みの日などに家族サービスをしてもらったりして子供との仲を深めることが一つの方法です。

 

男性側の心理として子供が一緒だと家庭を大事にしようという心理になる人が多いのでそれが家庭環境を修復していくための足がかりになる可能性があります。

 

一方で妻のほうが浮気をしていて復縁したい場合には、まず浮気相手との関係を断ち切ることが先決です。

 

女性は一度気持ちが離れてしまうとそれを元に戻すのはなかなか難しいからです。

浮気相手との関係を断ち切るためには慰謝料請求や再度繰り返した際の契約書の作成などが有効です。

 

浮気相手とパートナーを別れさせる方法

 

もしくは男性の時と同じように子供を間に挟んだり、何か共通の趣味を始めたりして過ごす時間を増やすこともいいでしょう。

 

今後の将来のことを考えて今は離婚せずにいるという場合でも自分の感情はすでに冷め切っているということをパートナーに伝えてしまうのはよくありません。

 

そうなるとパートナー側から離婚を迫られた時にすでに婚姻関係は破綻していたとなってしまい、離婚しなければいけないことにもつながってしまうからです。

 

浮気が発覚すると怒りから感情的になってしまいがちですが、復縁を考えている場合はできる限りその感情をパートナーにぶつけることは避けたほうがいいでしょう。

浮気相手とパートナーを別れさせる方法

自分で浮気調査をしたり、探偵に素行調査をしてもらった結果浮気をしている証拠が出た場合、浮気をしていることがわかっても今後の生活を考えて離婚をしないという選択肢を取る人も多いです。

 

そういった場合、離婚はしないとしてもパートナーに浮気相手と別れてもらって夫婦生活をやり直したいと思う人がほとんどでしょう。

 

そうなると重要になるのはどのようにして浮気相手と別れてもらうか?です。

浮気の事実を突きつけてすんなり別れてくれれば苦労はしませんが中には表面上では別れたフリをしていながら実はまだ繋がっていたということも少なくありません。

 

浮気相手と別れさせる方法の一つとしては慰謝料を請求するということが考えられます。

 

当然慰謝料は浮気相手にとっても痛手となりますが、その後のことも考えて再度不貞行為を行った場合の違約金に関しても記載をしておいて契約を結ぶようにしておきましょう。

 

なお、このような慰謝料請求や契約書を作成する時には弁護士にお願いしたほうがいいでしょう。

 

 

もし費用をかけたくないということであれば自分で作るのもアリですがその場合は契約書を公正証書にしておくことをオススメします。

 

その他の方法としては慰謝料請求を最初に浮気相手にしておいて、その後の交渉で二度と会わないことを条件に慰謝料請求を取り下げるという方法もあります。

 

この場合でも違約金の取決めをした契約を結んでおくようにしましょう。

浮気相手によっては勤務先に浮気をしていたことを知られたくないと思っている人も多いと思いますが、そのような場合でも「慰謝料を払わないと会社にバラす」というような言い方はしてはいけません。

 

なぜなら脅迫罪名誉棄損などでこちら側が訴えられてしまうケースもあるからです。

どうしても相手が慰謝料を支払わなくて早く払ってもらいたい場合は、「慰謝料請求によって給料の差し押さえとなり、会社にトラブルが知られてしまう」このような表現に留めておくべきでしょう。

浮気の証拠集めの際は認めない人が良く使う言い訳を知っておくことが重要?

浮気の証拠をどのようにして集めるべきかというのは記事にしてきましたが、仮に浮気の証拠を掴めたとしても言い訳をして事実を認めようとしない人も実際には多いです。

 

なのでまずは証拠を集める前にどのような言い訳をされるのか?という点を踏まえてから実際に行動に移すというのも重要なポイントになってくると言えます。

 

例えば浮気相手とホテルに入っていく写真を撮影することに成功したとしても仕事の打ち合わせをしていた、相手の体調が悪かったから介抱していただけ、悩み相談をしていたなどという言い訳をしてくるケースがあります。

 

しかし、一般的な常識から考えるとこのようなケースはホテルでなくてもいいので裁判で争った場合には認められない可能性が高いと言えます。

 

これが浮気相手の家の場合に多いのは二人きりではなかったという言い訳です。

例えば相手が家族と同居している、友人と一緒にパーティーをしていたなどが言い訳としては良く使われます。

 

この場合はそれを証明できる写真や、一緒にいた人物が証人として証言してこない限りは裁判では認められないケースがほとんどだと言えます。

 

ちなみに浮気相手との行為はたとえ1回限りだとしても不貞行為として認められるという判例があります。

 

なので1回の過ちだったとしても浮気をしていないということにはなりません。

似たような言い訳は浮気相手に送っていたメールにもあります。

 

「好きだ」「結婚しよう」というようなメールを仮に発見した場合にそれを証拠として相手に突きつけると単なる冗談だったというのがありがちな言い訳ですが、これは1回だけなら通用するかもしれませんが、継続的に送られていたという証拠があるのであればその言い訳は裁判では通用しない可能性が高いです。

 

このような浮気の言い訳のことを頭に入れておくと言い訳のできない動かぬ証拠を集めるためのヒントになるでしょう。

浮気調査を探偵に頼むとどれぐらいの費用がかかるのか?

探偵に浮気調査をお願いする時に依頼者にとって気になるのが費用面です。

おそらくほとんどの人が探偵に調査を依頼するような問題に遭遇するわけではありませんし、 あったとしても何回も利用するわけでもないのでその辺の相場がどうなっているのか?というのがわかる人は少ないと言えるでしょう。

 

 

さらに探偵と言っても多くのスタッフを抱えている大手もありますし、自分一人で営んでいる個人事業のような事務所もあります。

 

料金体系も成功報酬、パック、時間制など複数あるので一概にいくらとは言えないのが探偵の調査費用です。

 

このように浮気調査の費用はケースバイケースですが、その費用が決まる要素がいくつかあります。

基本的には調査日数、1日の調査時間、動員する調査員の人数、諸経費によって金額が決まります。

もちろん、調査期間が長くなればなるほど、調査員の人数が増えれば増えるほど金額は高くなります。

 

あえて目安となる金額を提示するとすれば1日あたり10万円~15万円というのが相場と言えます。

 

この相場よりも安くなることも高い場合もあるかもしれませんが、その場合はそれなりの理由があると思っておきましょう。

 

少しでも浮気調査の費用を安く済ませたいと思っているなら、事前の情報量が物を言います。

 

例えば、パートナーが浮気相手と接触する場所や日時が事前にわかっているような場合は、 その日のその時間帯だけピンポイントで調査をしてもらえば証拠が掴める可能性も高くなりますし、 稼働する時間帯が短いので10万円以下で証拠を手にすることも可能になります。

 

その逆に、パートナーの行動パターンが掴めていないと探偵もそこから調査をしていかなければ いけないので必然的に調査期間は長くなるので費用が高くなるわけです。

 

また、費用に関することで言えば過去に自分や他の探偵を使って浮気調査をしていたことが 相手にバレてしまって警戒されているようなケースではより慎重を期するために調査料金が高くなったり 場合によっては依頼しても引き受けてもらえないこともあります。

 

そういったことも含めて考えれば適正な価格帯で調査力の高い探偵に最初から依頼をすることが重要で、 費用を安くするためにはできるだけパートナーの行動を把握しておくことが必要と言えるでしょう。

ICレコーダーで音声を記録して浮気の証拠にするには?

これまではメールや写真など視覚的に浮気の証拠となるものやそれらを集めるためのコツなどを紹介してきましたが、視覚的なもの以外で浮気の証拠として利用することができるのが音声といった聴覚的なものです。

 

音声を浮気の証拠として利用するために最もポピュラーな手段としてはパートナーが普段利用している車にICレコーダーを隠しておくという方法です。

 

相手の気が付かないような場所にICレコーダーを隠しておけば車内での電話や、場合によっては浮気相手と同乗している時の会話が浮気の証拠となる場合があります。

 

ICレコーダーも色々な種類がありますが、最近の商品は性能も良く録音時間も長くなっていて数千円程度で1000時間録音することができるICレコーダーがたくさんあります。

 

浮気の証拠を掴むためにICレコーダーを利用する場合は録音時間の他にも隠しておいても見つからないような大きさだったり、マイクの感度、音質なども重要視したいですね。

 

自動車に仕掛けるという繋がりで言えば、ICレコーダーの他にGPSも有効です。
GPSを車内に仕掛けておけば相手の位置情報を簡単に調べることができます。

 

一日当たり数千円でレンタルすることができて車内にセットするだけで自分のスマートフォンで相手の位置情報が意図も簡単に調べることができるサービスがあります。

 

ICレコーダーは車内に仕掛けるだけではなく、家庭の中でももしパートナーが会話の中で浮気を認めるような発言をした時にそれを録音する場合にも役に立ちます。

 

無理やり白状させたような音声では浮気の証拠としては効力を発揮しない可能性があるので注意が必要です

手帳に書いてあることも浮気の証拠にできるのか?

インターネットが主流となっている時代ですが、それでも手帳やスケジュール表を利用している人は多く、またネット上でも手帳やスケジュール表の代わりとなるアプリやサービスなどがあります。

 
実は、意外と手帳から浮気が判明するというケースも少なくありません。
特に女性の場合は誰と、どこに行ったかまで手帳に記されていることも多いと言われています。

 
さすがにあからさまにそこまでの情報が手帳に書いてあるというケースは稀ですが、例えば浮気相手と会った日に印が付いているという場合にはその他の証拠と合わせてそれを補強する材料となることもあります。

 
このような手帳の記載も写メで取って保存しておけば浮気の証拠となりうるわけです。

 
ちなみに相手の携帯電話やパソコン、手帳などを勝手に操作して覗き見することは法的に大丈夫なのか?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、よほどのことをしない限りは現在のところ違法ではないという判断がされることがほとんどです。

 
もし違法となった場合でも民事裁判においてはその浮気の証拠は有効なものとして利用することができます。

 
注意しておきたいのは、例えば勝手に見るメールがGmailやyahoo!mail、その他のWEBメール、スケジュール管理のWEBサービスなどの場合にパスワードを勝手に解読してログインをしてしまうと不正アクセス禁止法に抵触してしまう可能性があります。

 

 
このような事実を相手に知られてしまうと逆に慰謝料を請求されてしまうこともあるので、なんでもかんでも浮気の証拠になればいいというわけではなく、自分で浮気調査をする場合には限られた範囲で証拠を掴むということを念頭においておいたほうがいいでしょう。

LINEやSNSのやり取りは浮気の証拠になる?

近頃はスマートフォンを持つ人が増えてきていますし、それに合わせて
気軽にネットサービスを使える環境が整ってきていますがそのような
ネットサービスが浮気の舞台となることも十分にあります。

 

また、このようなネットサービスから浮気が発覚というケースも珍しくありません。

例えばSNSで言えば利用している人も多いフェイスブック。
フェイスブックのアルバムに投稿されている浮気相手とのツーショット写真なんかも
日時や場所がハッキリしていれば浮気の証拠となりうるのです。

 

ツーショット写真だけではなく写真に付けられているタグでわかる場合もあります。

LINEも考え方としてはメールと同じように1対1のやり取りができるので証拠になります。
浮気相手とのやり取りをそっくりそのまま残しているという人は少ないかもしれませんが、
もし残っていればメールと同様に浮気の立派な証拠になります。

 

また、ネットサービスでいえばこのようなコミュニケーションを取るようなサービス以外でも例えば乗り換え案内の履歴で普段の行動範囲以外の駅名が出て来たりということも浮気を察知するための重要なヒントになりますし、浮気相手に検討が付いている場合は、その検索された駅が相手の最寄駅だったりした場合に証拠の一つとして活用することができます。

 

証拠とまではなりませんが、相手が浮気しているかどうかを調べる段階で
携帯やスマホの予測変換機能を使ってあらゆる文字を入力するのも一つの手です。

 

出てくる単語によっては浮気の兆候を嗅ぎつけることができますし、
場合によっては予測変換機能通りに入力することで完全に黒な一文になることもあります。

 

メールの証拠隠滅には頭がいっていても予測変換まで細かく気にしている人は少ないので
浮気の可能性を探るという点においても活用してみることをオススメします。

メールを浮気の証拠にするにはどうすればいい?

比較的簡単に見ることができるのが携帯電話やパソコンのメールです。
では、もしパートナーの携帯を見た時に浮気の示すような文面や写真があった場合に、
それは浮気の証拠として効力を発揮するものなのでしょうか?

 

もちろん、単純なメールのやりとりだけしかなければそれが仮に浮気相手だとしても
仕事上の付き合いと言い逃れされてしまって終わりですが、内容によっては浮気の証拠になります。

 

もしメールを浮気の証拠として利用する場合はどのようにすればいいのでしょうか?
基本的にメールであれば相手が使っている携帯電話やパソコンの中に入っているのですが、
多くの人がそのようなメールを発見した時には自分の携帯電話かデジカメで撮影することで
証拠として残している人が多いようです。

 

そのようなメールを見つけたら写真で撮影しておけばその写真画像が浮気の証拠となります。

 

メールなので、相手の携帯やパソコンからそのメールを自分に転送して証拠を
保存しようと考える人もいるかもしれませんが、その場合は自分に転送したことが
相手にバレないようにしっかりと証拠隠滅をしておきましょう。

 

意外と転送したことで満足してその送信履歴を消さずに相手に自分が疑っていることが
わかってしまいその後の証拠集めに支障が出てしまうことが少なくありません。

 

また、人によってはメールだと証拠として残ってしまうので浮気相手のやり取りは
もっぱら電話で済ませるといったパターンもあります。

 

このような時は通話履歴が残っていればそちらを証拠として撮影して残しておきましょう。
通話履歴でも相手とどれだけ話していたかということがわかるので頻繁にやり取りを
しているようであれば通話履歴も浮気の証拠の一つとして利用できることがあるからです。

レシートやカードの明細は浮気の証拠になる?

自分で浮気調査をする場合に決定的な証拠となる写真を簡単に撮影することができれば
苦労することはありませんが、なかなか現場の写真を撮影することは素人には簡単ではありません。

 

では自分でも比較的簡単にできる浮気の証拠集めはどういったものでしょうか?
浮気現場の写真よりも簡単に入手できてそれなりに証拠として有効になるものが
レシートやクレジットカードの明細書になります。

 

このレシートやクレジットカードの明細書だけで浮気の証拠とすることは難しいのですが、
その他の様々な証拠と組み合わせることによってこれらも有効になってきます。

 

例えば相手の財布や鞄の中、ゴミ箱に捨てられているようなレシートでホテルや居酒屋にもの、最近はホテルに入る前にコンビニで食事や飲み物を買ってからチェックインするカップルも多いのでコンビニのレシートなどが有効になることがあります。

 

また、自宅近くや会社の近く以外の普段立ち寄る場所ではないコンビニのレシートなども浮気相手と会っている時のものかもしれないので集めておくとよいでしょう。

 

最初の一枚だけではただの疑問や思い過ごしに感じるかもしれませんが、
意外と集めていると点だったものが線に繋がるということもあります。

 

レシートには住所が記載されているのでその住所をグーグルマップなどで検索して
どういった場所にあるのかを調べることも有効です。

 

周辺にホテル街などがあれば浮気をしている可能性はより高いと考えていいでしょう。

 

レシートやクレジットカードの明細を集める時に重要なこととして言動との矛盾があります。

 

例えば仕事と言って家を出て行ったにも関わらず仕事では絶対に行かないような場所の
レシートなどがあれば矛盾を証明してくれる証拠となります。

 

地道ではありますが、浮気の証拠としても、相手の行動を把握するためにもレシートを集めておくことは重要と言えるでしょう。