探偵社のホームページを見る時に注意したいこと

昔は探偵の広告と言えば街角の電柱などに怪しげに貼られているチラシなどがありましたが 今の時代はもっぱらホームページがある探偵社がほとんどなので何か調査を依頼する時には インターネットで検索をして出てきたホームページを見て相談に行くという人が多いでしょう。

 

 

しかし、ホームページだけは立派だというケースも少なくありません。

ではどのような点に注意してホームページを見ていけばいいのでしょうか?

まず大事なのはホームページ上で使われている文言です。

絶対とか、必ず、100%というような文言は誇大広告となる心配があります。

 

そもそも、調査内容もわからない、打ち合わせもしていないうちから絶対に成功と 謳っている状態からは怪しさしか感じません。

 

このようなホームページや広告の探偵事務所は敬遠したほうが良いでしょう。

次に、何よりもまず料金の安さをアピールしているようなホームページです。

 

確かに探偵の料金というのはどこも一律というわけではありませんし、実際に調査を依頼するとなれば 決して安くはない料金になるので少しでも安くお願いしたいと思う気持ちはわかりますが、 やはり適正な価格の相場というものはありますのでそれから大きく逸脱するような料金の場合、 追加料金がかかる、調査力が低いなどの問題を抱えている可能性が高いので避けるべきです。

 

 

次に見ておきたいのは事務所の有無です。 個人事業主が多い探偵業界なので事務所を構えていない探偵というのも少なくありませんが、 何かあった時に連絡が取れない、所在がわからないとなればトラブルに発展しかねないので 安心して依頼ができる探偵を探すのであれば事務所を構えている探偵を選ぶべきでしょう。

 

 

最後に調査業界の業界団体に所属しているかどうかを見ましょう。

探偵は調査業界に分類され、業界団体というのもしっかりあります。

もし、万が一のことがあった時に業界団体に所属している探偵社であれば変わりに 業界団体がサポートしてくれたり相談に乗ってくれたりするので安心できるでしょう。

 

 

上記のことに気を付けて探偵社のホームページを見ると相談するべき探偵がわかります。

詳細はコチラ>>>浮気調査を探偵に相談する前に知っておきたいこと

信頼できる探偵の見分け方

パートナーが浮気をしているかどうかをハッキリさせるために大きな力となる探偵ですが、やはり一般的に考えるとなんか怪しいと考えている人も多いのではないでしょうか?

 

ですので実際に相談に行く前にある程度の事前知識を頭に入れておくといいでしょう。

まず、探偵を取り巻く制度や法律に関してですがこれは2007年に施行されている「探偵業法」というものがあります。

 

この探偵業法では探偵として営業するためには都道府県の公安委員会への届け出をしなければいけないことや 契約の際に契約内容を明らかにする書面を交付しなければいけないといった探偵の業務に関することが定められています。

 

この探偵業法が施行されたことによって一時期のような悪質な探偵というのは減っていると言われていますが、それでもトラブルが無くなっていないことは事実です。

 

では、安心して調査を依頼できる探偵はどのように見分ければいいのでしょうか?

いくつかのチェックポイントを挙げておきます。

 

①探偵業の届け出を出しているか

②ホームページ、チラシなどに所在地がきちんと表示されているか

③探偵の業界団体に加盟しているか

④相談に行った際に強引に契約を迫ってこないか

⑤相談場所がきちんとした事務所かどうか

⑥調査料金が相場から考えて異常に安くないか

⑦別れさせ屋や盗撮、盗聴など違法行為をしていないか

 

この7つのチェックポイントは探偵に調査を依頼する際に意識してほしい点です。

特に①から③は基本的な部分と言っていいでしょう。

ちなみに探偵の業界団体は何かトラブルがあった時に加盟している業界団体に連絡をすれば 間に入って解決までサポートしてくれる役割をしてくれます。

 

一つではなく複数の業界団体がありますが、加盟しているかどうかというのが重要なポイントです。

 

④の契約を迫ってくるというのは場合によっては調査料金だけを支払わせておいてろくな調査もしないというトラブルを避けるためです。

しっかりとこちらの相談に乗って調査方法や料金などの説明をしてくれる探偵を選びましょう。

 

⑤の相談場所が事務所ではないというのは一概に全てが悪いというわけではありませんが、相談場所が喫茶店やカラオケボックスだったりすると何かあった時に連絡が取れなくなったりした時に相手の所在地がわからないという事態も考えられますし、事務所を構えていないということはそれだけ調査員の数が少なく、調査力という点でみると不安が残るところでもあります。

 

⑥の相場からかけ離れて安い料金というのは、調査機材や人員の配置が不足していて調査力に疑問が残るという点と最初の料金だけ安くて調査後に追加料金ということで別途料金を請求されるというトラブルを避けるためです。

 

⑦の違法行為を平気で行っている探偵の場合当然依頼者である自分自身にも責任が発生するので後々別のトラブルに巻き込まれてしまう可能性を回避するためです。

 

このような点に注意してホームページなどで情報収集をしてある程度目星を付けたらいくつかの探偵社に絞って相談に行き、提案や料金などを比較して依頼するべき探偵を決めることをオススメします。

探偵の浮気調査はどれぐらいの期間は必要なのか?

探偵を利用して浮気の決定的な証拠をおさえる場合、どれぐらいの期間がかかるのでしょうか?

これはかなり重要な問題と言えるでしょう。

 

なぜなら基本的に探偵を雇った時にかかる費用は調査期間が長ければ高くなるからです。

もちろん成功報酬制などの料金システムもあるので一概には言えませんが・・・。

 

ケースによって様々なので何日間浮気調査をしてもらえば白黒ハッキリするとは言えません。

探偵に対象者の行動を無闇に追いかけてもらったとしてもただ同僚と飲みに行っただけだったということもあります。

 

 

このような浮気に直接関係ない行動を尾行して調査期間が長引き、費用を無駄にしないために 重要になってくるのが探偵に依頼する前の対象者の事前のリサーチになります。

 

 

あらかじめパートナーが浮気相手と会いそうな日を掴んでおけば調査もピンポイントで 動いてもらうだけでも証拠が出る確率は高くなり、調査費用も安く済ませることができるというわけです。

 

そのためには自分で浮気の証拠を集めるように、相手のメールをチェックしたりすることが重要です。

ただし、それをハッキリさせるために相手に浮気を疑っていることを勘付かれてはいけません。

 

対象者が警戒している状態だと探偵に浮気調査を依頼してもなかなか証拠を掴めなかったり、 人員を増やしたり、調査期間が長くなったりして費用がより掛かってしまう可能性が高いからです。

 

 

これらを踏まえた上で浮気の証拠を掴むためにはどれぐらいの期間がかかるものなのでしょうか?

探偵事務所の中でも大手の原一探偵事務所のデータでは、

「7日~9日が全体の45%程度」

「4日~6日が20%程度」

「10日以上が15%程度」

となっているようです。

 

このデータから見ると浮気をしている場合、半分以上が一週間程度の調査で証拠が掴めると言えます。

なので、まずは自分で事前リサーチをしてみて怪しいと思われる日を含めて3日から4日程度 調査をしてもらって結果が出なければ状況によって調査期間を延ばすというやり方がいいのではないでしょうか?

探偵事務所の浮気調査はどのように行われるのか?

探偵事務所に浮気調査をお願いするとどのような調査をしてくれるのでしょうか?

 

通常ですと浮気調査を始めとした素行調査の場合、調査員は2名から3名で行われます。

調査は張り込みや尾行がメインとなりますが、言葉でイメージするよりは相当過酷な仕事だからです。

 

そういうこともあって調査員は男性が多いのですが女性の調査員がいないわけではありません。

 

例えば男性調査員だけだと不自然な場所での調査の場合などに女性調査員がサポートに入ることもあります。

 

探偵事務所のホームページで注意したいのは、調査員一人でいくらと掲載している場合です。

 

先程のように素行調査を一人で行うことはほぼないですし、あったとしたら調査力に不安が残ります。

なぜ一人でいくらという料金を掲載しているかというと安く”見せる”ためだからです。

 

実際に調査に入ると調査員がまずすることは対象者が浮気相手と接触する場面をおさえることです。

 

基本的には依頼者側からの情報で怪しい日時を把握している場合はその時間帯に調査を行い、 対象者の行動を記録し、調査報告書にまとめます。

 

探偵事務所にもよりますが、証拠となる場面はビデオカメラで映像として残す場合が多いそうです。

 

写真でも浮気の証拠となりえるのですが、最近は画像編集ソフトを利用して簡単に編集をすることができるので 裁判となった際に証拠のねつ造を疑われることもあるためにビデオカメラで映像として残すことが多いのです。

 

もちろんカメラといっても対象者にバレないような小型カメラが主流です。

このあたりは探偵事務所によって機材にかける費用なども異なってくるところです。

 

このような機材が揃っているか否かという部分も探偵の調査力に影響していると言えるでしょう。

尾行は対象者だけではなく、浮気相手が誰なのかを特定するためにも行われることもあります。

 

このような調査情報をまとめて裁判の際にも利用できる形で調査報告書が作成されます。

また、場合によっては調査にあたった調査員が裁判で目撃者として証言してくれることもあります。

浮気の証拠を探偵を使って集める

浮気の証拠を自力で集めることも可能ですが、離婚や慰謝料まで視野に入れている場合は 探偵事務所の力を使って証拠を掴むというのが一般的となっています。

 

一般の人にとっては探偵を利用するということはあまり身近なことではないでしょう。

ちなみに探偵事務所のデータでは、浮気調査を依頼する人の目的としてはやはり 離婚を有利に進めるため、浮気相手に慰謝料を請求するためといった目的が多く 次いで事実を調査してもらって白黒ハッキリさせたいという理由になっています。

 

 

このようなデータを見るとより確実に事を進めることを考えた場合にはやはり 探偵の調査力というのが大きな力になってくれるということがわかります。

 

実際に探偵に調査を依頼する男女比はわずかに女性が多く年齢でみると40代~50代が半数を占めると言われています。

 

では、探偵に浮気調査を依頼するとどのような調査をしてくれるのでしょうか?

探偵が行う浮気調査は主に尾行と証拠写真の撮影になります。

探偵だからといってどんな手段を使ってもいいというわけではありません。

 

例えば盗撮や盗聴といった行為や、別れさせ屋のような行為は行っていません。

探偵に浮気調査を依頼する場合どのような流れで進んでいくかというと、 まず電話やメールなどで問い合わせをした後に探偵事務所まで足を運び打ち合わせを行います。

 

その際に実際にどのような調査を行うか、また金額はいくらになるのかといった見積もりが提示されます。

 

その内容に納得できれば探偵による浮気調査がスタートするという流れです。

この打ち合わせの際にできる限り対象者の情報などを細かく探偵に伝えていると調査がスムーズに進み、 調査期間が短くなったり調査費用を安く済ませることができます。

 

顔写真はもちろん、勤務先、車の車種、良く足を運ぶ店、生活パターンや浮気をしそうな時間帯など 探偵に依頼する前にこのような情報はあらかじめ準備しておくといいでしょう。