浮気のサインとなるパートナーの行動パターン

もしかしたらパートナーが浮気をしているかも?と感じる瞬間というのがあると思います。
そんな時に参考となる浮気のサインとも言えるありがちな行動パターンをいくつか紹介しましょう。

 

これらのサインを見逃さずにいれば相手の浮気をやめさせたり、次の行動に移すことができるでしょう。

 

①携帯電話をロックしている

 

浮気の兆候として最も多くの人が挙げるのが携帯電話をロックするという行動です。
さらに言えば、これまではしていなかったのに急にロックをかけるのは怪しさしかありません。

 

当たり前の話ですが、浮気をするためにはその相手を連絡を取らなければいけません。
電話にしろメールにしろそれがパートナーに見つかってしまえば問題になるのは当然で
隠しながらやらなければいけないのでそのために携帯電話にロックをかけるわけです。

 

もちろん、万が一携帯電話を落とした時に情報が見られないようにロックをするという人もいます。
なのでこれまでしていなかったのにある日突然暗証番号をかけるという行為が危険なのです。

パターンとしてはトイレなどにも携帯電話を肌身離さず持っていくというのも怪しいですね。

 

②残業や休日出勤、出張などが増える

 

浮気をしている場合限られた時間の中で浮気相手を会う時間を作らなければいけません。
そのための大義名分として利用されるのが「仕事」です。

 

これまではそんなになかったのに急に出張、深夜残業、休日出勤が増えたら怪しいと言わざるを得ません。
もちろん、本当だったというパターンもあるがゆえに隠れ蓑に使われやすいのですが・・・。

 

人によってはこのような場合に給与明細を確認するという手段で確認する人もいるようです。
仕事は男女共に言い訳に使われやすいですが、仕事をしていない専業主婦などの浮気では
よく習い事が使われるそうです。

 

③パートナーへの態度が急に冷たくなる

 

浮気をしていると気持ちが相手にいってしまいパートナーへの態度が変わってしまう人がいます。
例えば会話が少なくなったり、パートナーへの関心がなくなってしまったりといった感じです。

 

場合によっては訳の分からない理由でケンカを仕掛けてくるということもあります。
こうなると別れるための準備段階に入っている可能性も高くなってきます。

 

ちなみに逆のパターンでつい出来心で浮気をしてしまったというケースで多いのが急に優しくなることです。
もしくはこっそりと浮気相手との関係を続けたいと思っている場合にも良くみられる行動です。
その場合は発覚しても離婚までは考えていないということも多いです。

 

これまでとの態度と比較をして明らかにおかしいという場合には浮気を疑ってみてもいいかもしれませんね。

 

④お洒落に気を遣う

 

浮気をしていると急にお洒落になるというのは男女共によくあることです。
男性で多いのはこれまでは下着に全く気を使っていなかったのに自分で選んで買うようになったなどです。

 

女性の場合は美容院に行く回数が増えたりダイエットを始めたりとなってきます。
また、外見だけではなく、話題のスポットや流行に興味を持ちだすと言った内面の変化もあるでしょう。

 

⑤お金を管理を自分でしたがる

 

夫婦のお金の管理の仕方はそれぞれですが一般的に言えば、結婚すると家計は一緒になります。
しかし、浮気をしていると食事をしたりホテルに行ったりとお金がかかってしまうために
浮気の費用を捻出するためにも給料を自分で管理したがることが多くなります。

 

なので急に自分でお金の管理をするという提案も浮気のサインと考えてもいいでしょう。