離婚前に考えておきたいお金のこと

離婚前に考えておきたいことがお金についてです。
これは子供のことと並んで離婚をする前に大きな問題となる事柄の一つでもあります。

 

そんな離婚前に考えておきたいお金のこととしてまずは財産分与が挙げられます。
この財産分与というのは婚姻関係中に夫婦で築いた共有財産をどうやって分けるかという問題です。

 

例えば、夫が働いていて収入があり、妻が専業主婦といった場合でもその夫婦の財産は二人で婚姻生活の中で築き上げてきたものということになるので当然専業主婦の妻にも分与される権利があります。

 

言葉にするのは簡単ですが、じゃあ何が共有財産なのか、そしてどれぐらいの価値を認めるのか、二人でどのように分配するのかといった部分でお互いの意見が合わないことも珍しくありません。

 

ですので離婚前にはあらかじめこの財産分与について考えておく必要があります。
さらに財産分与と並んで問題になるお金のことは慰謝料です。

 

特に不貞行為があったなどどちらかに非が認められる場合に大きな問題となります。
慰謝料に関してはどういった場合に認められるのか、またいくらぐらいの金額になるのかがポイントです。

 

浮気が夫婦の離婚原因となっている場合、慰謝料はパートナーにも浮気相手にも請求することができます。
離婚をしたくないという場合には浮気相手だけに慰謝料を請求したいということも多いです。

 

財産分与や慰謝料の他にも離婚に関するお金のこととしては年金の問題や婚姻費用分担などもあります。
このお金のことに関しても一つの記事内では収まりきらないのでまた個別に紹介していきたいと思います。