離婚の切り出し方や言い方の4つのポイント

離婚の二文字が頭の中に浮かんできた時に迷うのが離婚の切り出し方や言い方でしょう。

果たしてどのように伝えればいいのでしょうか?

パートナーだけではなく子供や親族にも伝えなければいけませんがその相手によって切り出し方のタイミングや言い方は変わってきますし、あなた自身の現在の状況によっても変わってきます。

そこで離婚の切り出し方や言い方を状況や相手、ケース別に4つご紹介したいと思います。

 

①パートナーに離婚を切り出す時

パートナーに対して離婚を切り出す時にはまず相手の性格について考えなければいけません。

それによって適切な時期や切り出し方は変わってくると言えます。
何事でも冷静に対処できるパートナーであれば話し合いもスムーズに進むかもしれませんが、感情的になりやすいパートナーの場合はより慎重にタイミングを見極めなければいけません。

離婚を考えている人で多いのはまず親族や弁護士などの専門家と相談をして情報収集やアドバイスを受けた上でパートナーに離婚を切り出すというパターンです。

例えば、相手の浮気が原因で離婚を考えている場合はまず浮気の証拠を集めることが先決です。

それをする前にパートナーに離婚の意思があることを悟られてしまえば証拠を隠滅される可能性があります。

なのでこの場合は仮に裁判になった時にでも浮気を立証できるような証拠を掴んでから離婚を切り出すべきです。

また、財産分与となった際に自分が不利な状況にならないためにも切り出すタイミングは慎重になるべきです。

もし離婚の意思が相手に伝わると自分名義になっている財産を他に移したり、預金残高を結婚前の状況に合わせるために散財したりといった工作が行われる可能性があります。

浮気を抑止するために離婚の二文字を相手に突きつけるという方法がありますが、まったく離婚を考えていなくて相手を脅すためだけならいいのですがもし少しでも離婚に対する意思を持っているのであれば離婚という言葉は使わないに越したことはありません。

 

②子供への離婚の切り出し方

子供にとっては親の離婚は大変ショックな出来事となる場合が多いのでパートナー以上に切り出すタイミングや言い方には気を付けなければいけません。

 

どうすればいいのかというのは子供の年齢や性格、親子の関係性によって千差万別と言えます。

夫婦で離婚に向けての話し合いを始めている段階がいいのかもしれませんし、別居の理由を伝えなければいけない時かもしれません。

 

比較的多いタイミングとしては子供がまだ物心つく前であれば離婚が成立した後です。
子供の場合は言い方も重要で、親の考えを押し付けるような言い方をしてしまうと子供の心に大きな影響を与えてしまう可能性もあります。

もし、子供への伝え方が全く思い浮かばないという場合は離婚カウンセラーなどの専門家にアドバイスを求めるといいでしょう。

 

③離婚を切り出されたらどうするべきか?

これは全く逆のパターンでパートナーから突然離婚を切り出されたらどうすればいいのでしょうか?

おそらく離婚したいと思っていなければ大きなショックを受ける人がほとんどだと思いますが、ここで心を乱して感情的になってはいけません。

一人になれる落ち着いた時間を作りまずは冷静になって今の自分の状況を整理しましょう。

離婚を切り出されたとしてもすぐに離婚が成立するわけではなくお互いの合意があって初めて成立します。

そうでない場合は裁判によって争うことになりますがそうなったら民法で定められた離婚原因が必要になります。

そういった点を考えても離婚がすぐに成立することはないので粘り強く相手を説得するのも一つの手ですし、自分にとって最善の策をじっくりと考える時間を持つということがとても重要になってきます。

 

④離婚届けを勝手に出されないようにするためには?
これは離婚を切り出された時に注意しておきたいことですが、パートナーが勝手に離婚届けに署名して市区町村役場に提出してしまうという危険性があります。

離婚届はお互いの署名、捺印があって初めて有効になるので、当然文書の偽造となり犯罪行為になるのですが、役所の担当者にはそれが本人の字なのか確認する術がないのでそのまま受理されてしまう可能性が高くなります。

 

このような事態を防ぐためにも離婚を切り出されたけれどまだ離婚は考えられないという場合は「離婚届けの不受理申請」というものを先に出しておけば離婚届を提出されたとしても受理されません。