離婚前の別居準備で不利にならないポイントや子供がいる場合の注意点

すでに離婚への決意が固まっている人にとって別居をするということはオススメの選択肢ではあるのですがその準備の際にはいくつか注意をしなければいけないことがあります。

 

単純に別居をしてしまうと場合によっては離婚の話し合いをしていく中で不利になることもあるのです。

 

まず別居をする時に勝手に家を出てしまうことがその一つにあたります。
もし、離婚を考えるに至った経緯が相手の浮気だったりする場合はつい感情的になって家を飛び出してしまうということがあるかもしれませんが、夫婦間には同居義務、協力扶助義務があるので理由がないままに無理やり家を飛び出してしまうと「悪意の遺棄」という法律上の離婚原因だと判断されてしまう可能性があるのです。

 

そうなってしまうと離婚の話し合いを進めて行くうえで不利になってしまうのです。

そうならないために重要なのは置手紙でもいいのできちんと別居の理由を相手に伝えなければいけません。

上記のように相手の浮気が原因であっても「お互いに冷静になるためにも別居をしましょう」という旨の手紙でもあれば「悪意の遺棄」とはならないということですね。

 

未成年の子供がいる場合の別居の際に注意しておきたいのは、もし離婚後に親権を持とうと考えているなら子供を連れて別居をしたほうがいいということです。

 

もちろん子供の意志を尊重することも重要ですし、子供を連れて別居をしたからといって確実に親権を持つことができるというわけではありませんが、離婚の裁判となった際に裁判所が親権をどちらにするかを判断する時には現在の子供の置かれた状況を重視する傾向があるのです。

 

であればやはり親権を持ちたいと考えているのであれば子供とは同居していたほうがいいのです。

ちなみに犬や猫といったペットに関しても法律上では「モノ」として扱われ、財産分与の対象になるのですが、どちらも子供のように可愛がっていてどちらも引き取りたいという場合はやはり現在同居しているほうが争いになった時には有利になりますので離婚後にペットは自分で飼いたいという場合は別居の際にペットも連れて別居をしたほうがいいでしょう。