協議離婚のメリットとポイント、決めるべき内容と手続きについて

協議離婚というのは裁判所を通さずに夫と妻の当事者同士の協議によって離婚が合意することを言います。

 

離婚の方法には主に3つの方法がありますがその中でも一番簡単な離婚の方法と言えます。
協議離婚のメリットはまさにそこで調停や裁判などではないので時間がかからないこと、そして短期間で離婚を成立させることができるのでお互いの関係の悪化が激しくなる前に離婚をすることができるという点にあります。

 

協議離婚のポイントとしてはお互いの合意がなければ離婚を成立させることができないのでパートナーとどのように話し合い、交渉をしていくかというのが重要なポイントと言えます。

 

そのためには感情的にならずにじっくりとお互いの意思を確認して離婚に進むことが大事になってきます。
その時にただ離れたいという気持ちだけではなく、その後の生活環境や経済的な面も考えておきましょう。

 

そして、離婚の際の条件に関しても互いに合意できるように内容を考える必要があります。
協議離婚をするにあたってはいくつか決めなければいけないことがあります。

 

子供がいるかいないかによって変わってきますが、代表的なものには「親権者の指定」「監護についての指定」「養育費」「面会交流」「財産分与」「慰謝料」があります。

 

この時に重要なことは協議離婚の際に決められた内容は公正証書などで確定させておくということです。

 

実は親権者の指定以外は離婚が成立した後で決めることもできるのですが、離婚が成立した後に決めようと思ってもじっくり話し合いの時間が持てなかったりしてうやむやになってしまうことがあります。

 

結果として養育費や慰謝料の金額について離婚の時にちゃんと決めておけば良かったという人が多いのです。

 

ですので特別な事情がない限り離婚が成立する前に決めるべき内容は決めておいたほうがいいでしょう。

 

協議離婚における手続きは夫婦両方と証人二人以上が署名をした書面ですることになっています。
つまり離婚届を提出すれば離婚をすることができるというわけです。

 

協議離婚をする際の手続きはこれだけなのですが注意点としては離婚届けを相手に預けてしまうといざ提出するという段階になっても相手の気が変わってなかなか提出してもらえなかったり、勝手に提出されてしまったりといった問題が起きてしまうのでなるべく自分で持っておくかもしくはお互いに持っておくというような対策をすることが望ましいと言えるでしょう。