探偵の浮気調査はどれぐらいの期間は必要なのか?

探偵を利用して浮気の決定的な証拠をおさえる場合、どれぐらいの期間がかかるのでしょうか?

これはかなり重要な問題と言えるでしょう。

 

なぜなら基本的に探偵を雇った時にかかる費用は調査期間が長ければ高くなるからです。

もちろん成功報酬制などの料金システムもあるので一概には言えませんが・・・。

 

ケースによって様々なので何日間浮気調査をしてもらえば白黒ハッキリするとは言えません。

探偵に対象者の行動を無闇に追いかけてもらったとしてもただ同僚と飲みに行っただけだったということもあります。

 

 

このような浮気に直接関係ない行動を尾行して調査期間が長引き、費用を無駄にしないために 重要になってくるのが探偵に依頼する前の対象者の事前のリサーチになります。

 

 

あらかじめパートナーが浮気相手と会いそうな日を掴んでおけば調査もピンポイントで 動いてもらうだけでも証拠が出る確率は高くなり、調査費用も安く済ませることができるというわけです。

 

そのためには自分で浮気の証拠を集めるように、相手のメールをチェックしたりすることが重要です。

ただし、それをハッキリさせるために相手に浮気を疑っていることを勘付かれてはいけません。

 

対象者が警戒している状態だと探偵に浮気調査を依頼してもなかなか証拠を掴めなかったり、 人員を増やしたり、調査期間が長くなったりして費用がより掛かってしまう可能性が高いからです。

 

 

これらを踏まえた上で浮気の証拠を掴むためにはどれぐらいの期間がかかるものなのでしょうか?

探偵事務所の中でも大手の原一探偵事務所のデータでは、

「7日~9日が全体の45%程度」

「4日~6日が20%程度」

「10日以上が15%程度」

となっているようです。

 

このデータから見ると浮気をしている場合、半分以上が一週間程度の調査で証拠が掴めると言えます。

なので、まずは自分で事前リサーチをしてみて怪しいと思われる日を含めて3日から4日程度 調査をしてもらって結果が出なければ状況によって調査期間を延ばすというやり方がいいのではないでしょうか?