浮気が発覚した場合の対処法について

パートナーがもしかしたら浮気をしているのではないか?

という疑いを持ってしまう瞬間というのは多かれ少なかれあると思いますが、自分でちょっと調べてみたら限りなく黒に近いという場合にどのように対処すればいいのでしょうか?

 

 

パートナーの浮気が発覚した時点で裏切りによる怒りからすぐに怒鳴り散らして相手を問い詰めてしまうという人も少なくないのではないでしょうか?

 

まだ夫婦の間の関係は冷めていなくて離婚も考えていない、ただただ反省して浮気をすることをやめてもらえればそれでいい、そして相手もきっと浮気をやめてくれるだろうという可能性が大きい時はそれでもいいのかもしれません。

 

 

しかし、浮気が発覚した段階で離婚や慰謝料請求といったことを考えているのなら上記のように相手を問い詰めるというのは避けたほうがいいでしょう。

 

なぜなら問い詰めた段階で浮気の証拠となるものを消去してしまったり、捨てたりすることはもちろん、こちらが浮気を疑っているということが相手にわかってしまうと当然より慎重になるので自分での証拠集めはもちろん、探偵に依頼しても成果が上がりにくくなってしまうからです。

 

なのでもしパートナーの浮気が発覚してもこちら側をそれを察知していることを相手に気付かれないようにしてその間にできる限りの証拠を集め、それでも弱い場合に探偵を利用するのがいいでしょう。

 

もし相手に疑っていることが気付かれてしまった場合でもできる限りの証拠集めは重要です。

 

特に浮気相手の特定から名前、住所、職場などを把握しておくといいでしょう。

 

浮気が発覚するとどうしても誰かに相談したくなるものですが、証拠が集まるまでは誰にも言わないようにしましょう。

 

どうしても相談したい場合は絶対に自分の味方と言い切れる人物やパートナーとの繋がりのない人物に相談しましょう。

 

お互いのことを知っているという点で共通の知人に相談したいという気持ちもわかりますが、そこから情報がパートナーに筒抜けになってしまうことも十分に考えられます。

 

浮気の証拠が集まって「離婚」が現実味を帯びてきた時にしておきたいのは財産の確認です。

離婚した際には財産分与が一つ大きな問題となるので貯金額やローン、資産などがどれぐらいあるのかを把握しておきましょう。

 

もし子供がいる場合には、離婚をする上で「なぜ離婚をすることになったのか?」という理由が必要になります。

 

浮気の事実を伝えるかどうかというのは子供の年齢や夫婦との関係性などを子供の立場から考えてどのような言葉でどう伝えるのかをじっくり考えましょう。