浮気の証拠集めの際は認めない人が良く使う言い訳を知っておくことが重要?

浮気の証拠をどのようにして集めるべきかというのは記事にしてきましたが、仮に浮気の証拠を掴めたとしても言い訳をして事実を認めようとしない人も実際には多いです。

 

なのでまずは証拠を集める前にどのような言い訳をされるのか?という点を踏まえてから実際に行動に移すというのも重要なポイントになってくると言えます。

 

例えば浮気相手とホテルに入っていく写真を撮影することに成功したとしても仕事の打ち合わせをしていた、相手の体調が悪かったから介抱していただけ、悩み相談をしていたなどという言い訳をしてくるケースがあります。

 

しかし、一般的な常識から考えるとこのようなケースはホテルでなくてもいいので裁判で争った場合には認められない可能性が高いと言えます。

 

これが浮気相手の家の場合に多いのは二人きりではなかったという言い訳です。

例えば相手が家族と同居している、友人と一緒にパーティーをしていたなどが言い訳としては良く使われます。

 

この場合はそれを証明できる写真や、一緒にいた人物が証人として証言してこない限りは裁判では認められないケースがほとんどだと言えます。

 

ちなみに浮気相手との行為はたとえ1回限りだとしても不貞行為として認められるという判例があります。

 

なので1回の過ちだったとしても浮気をしていないということにはなりません。

似たような言い訳は浮気相手に送っていたメールにもあります。

 

「好きだ」「結婚しよう」というようなメールを仮に発見した場合にそれを証拠として相手に突きつけると単なる冗談だったというのがありがちな言い訳ですが、これは1回だけなら通用するかもしれませんが、継続的に送られていたという証拠があるのであればその言い訳は裁判では通用しない可能性が高いです。

 

このような浮気の言い訳のことを頭に入れておくと言い訳のできない動かぬ証拠を集めるためのヒントになるでしょう。