浮気相手とパートナーを別れさせる方法

自分で浮気調査をしたり、探偵に素行調査をしてもらった結果浮気をしている証拠が出た場合、浮気をしていることがわかっても今後の生活を考えて離婚をしないという選択肢を取る人も多いです。

 

そういった場合、離婚はしないとしてもパートナーに浮気相手と別れてもらって夫婦生活をやり直したいと思う人がほとんどでしょう。

 

そうなると重要になるのはどのようにして浮気相手と別れてもらうか?です。

浮気の事実を突きつけてすんなり別れてくれれば苦労はしませんが中には表面上では別れたフリをしていながら実はまだ繋がっていたということも少なくありません。

 

浮気相手と別れさせる方法の一つとしては慰謝料を請求するということが考えられます。

 

当然慰謝料は浮気相手にとっても痛手となりますが、その後のことも考えて再度不貞行為を行った場合の違約金に関しても記載をしておいて契約を結ぶようにしておきましょう。

 

なお、このような慰謝料請求や契約書を作成する時には弁護士にお願いしたほうがいいでしょう。

 

 

もし費用をかけたくないということであれば自分で作るのもアリですがその場合は契約書を公正証書にしておくことをオススメします。

 

その他の方法としては慰謝料請求を最初に浮気相手にしておいて、その後の交渉で二度と会わないことを条件に慰謝料請求を取り下げるという方法もあります。

 

この場合でも違約金の取決めをした契約を結んでおくようにしましょう。

浮気相手によっては勤務先に浮気をしていたことを知られたくないと思っている人も多いと思いますが、そのような場合でも「慰謝料を払わないと会社にバラす」というような言い方はしてはいけません。

 

なぜなら脅迫罪名誉棄損などでこちら側が訴えられてしまうケースもあるからです。

どうしても相手が慰謝料を支払わなくて早く払ってもらいたい場合は、「慰謝料請求によって給料の差し押さえとなり、会社にトラブルが知られてしまう」このような表現に留めておくべきでしょう。