浮気相手から慰謝料を請求するために重要なこと

もしパートナーが不貞行為を行っていたけれど、子供や今後の生活のことを考えると離婚という選択肢は選べないという人も多いかと思います。

 

そんな時に浮気相手だけは許せないからどうしても慰謝料を請求したいと思うこともあるでしょう。

ではどうやって浮気相手に慰謝料を請求すればいいのでしょうか?

 

例えば、パートナーの携帯電話を見た時に明らかに不貞行為を行っているだろうメールが見つかった場合、おそらくそのまま問い詰めたとしてもその内容は冗談だといった具合に素直に浮気をしていることを認めないのが普通です。

 

このレベルの証拠だけを持って浮気相手に対して慰謝料を請求したところで反論されてしまえば意味がありません。

浮気相手に対して慰謝料を請求する際に重要なのは言い逃れできない決定的な証拠です。

 

さらにはその後の手順を間違えないためにも法律の専門家に相談しておきましょう。

 

これらの専門家と言えば探偵、弁護士といった方達です。

最近は弁護士と探偵が相互連携していることが多く、どちらかに相談に行けばその案件に強い弁護士や探偵を紹介してくれることが多くなっていて初回の相談料が無料というようなサービスもあったりします。

 

決定的な浮気の証拠を探偵を利用して手に入れ、弁護士に交渉をしてもらう。

これこそが浮気相手から慰謝料を請求する時に最も重要なポイントとなるでしょう。

 

慰謝料の金額に関しては相手側の収入なども関係してきますので一概には言えません。

この点も弁護士さんにお願いしておけば適切な慰謝料を受け取ることができるでしょう。

 

探偵や弁護士を雇うとなるとそれなりの費用が必要にはなりますが、きちんと慰謝料を取るつもりであれば全てを自分でするよりも専門家にお任せすることをオススメします。